診療内容


腰痛、膝関節痛、顎部痛、肩こり、五十肩、腕や手足のシビレや痛み、手指の外傷や痛み、手指の外傷や痛み、スポーツ外傷やスポーツ傷害、骨折・外傷、関節リウマチ、骨粗鬆症、交通事故外傷、労働災害などを診ています。

診療
メニュー
▼手の外科 ▼一般外傷 ▼変性疾患 ▼交通事故
▼小児外傷 ▼関節リウマチ・痛風・関節炎
▼スポーツ外傷・スポーツ傷害 ▼リハビリテーション
手の外科

当院の院長は大学病院で手の外科グループに所属、血管や神経を顕微鏡を使って手術を行い縫合・再接着する「マイクロサージャリー」などの様々な疾患や治療にたずさわってまいりました。それらの専門分野の知識をいかし、手の外科の専門医として正確で的確な診断、治療を患者さまにご提供いたします。

手の外科

▲ページのトップへ

一般外傷

どんなささいなことでも気になる痛みがあればご相談ください。レントゲン所見のみにたよることなく、ていねいに診察させていただきます。
また縫合処置が必要な傷も積極的に診せていただきます。神経、血管、腱などの損傷の有無を診断し手術治療が必要であればしかるべき施設を紹介させていただきます。
※骨折、捻挫、靭帯損傷、皮膚縫合が必要な外傷にも対応いたします。

一般外傷

▲ページのトップへ

腰痛、頚部痛、膝,五十肩、股関節などの変性疾患

腰痛、頚部痛、肩関節痛、膝、股関節痛など変形性関節症なども的確に診断し、最適な治療を提供させていただきます。むやみに注射はせずに、まずは物療治療を基本にさせていただきます。しかし、手術治療したほうがよい場合はしかるべき施設を紹介させていただきます。

変性疾患

▲ページのトップへ

交通事故・交通外傷

患者様の立場を考え、痛みを軽減していただけるように治療していきます。

交通事故

▲ページのトップへ

小児外傷

当院のスタッフは年配でベテランです。そのため小児の対応にはなれております。特に子供の怪我は早期に処置したほうがよいことが多いです。どんなささいなことでも放置せずに、まずは診察させていただいたほうがよいと思います。お気軽にご来院ください。

小児外傷

▲ページのトップへ

関節リウマチ・痛風・関節炎

関節リウマチは、手、手指、足、足指などの小関節や肘、膝、肩などの大関節の痛みや腫れが起こります。左右対称的に起こることが多く、症状は進行性で、関節や骨の破壊、変形まで起こすこともあります。一昔前は、リウマチ治療の目標はリウマチの進行を抑えるのが主なものでした。しかしここ10年余り前から、世界中の科学者や研究者のおかげで、いろいろな治療薬が開発されて臨床の場に出てきました。そしてリウマチの治療はめざましく大きく変わりました。薬をやめたり減らしたりしても治ったと同様の状態にまで持っていけるような目標を定めることができるようになりました。骨、関節の破壊、変形が起こる前に積極的に治療したいものです。そのために、早期に診断して、早期から積極的に治療を開始することが大切です。

関節リウマチ

▲ページのトップへ

スポーツ外傷・スポーツ傷害

スポーツ外傷は患部の炎症を抑えて痛みを和らげる必要がありますので、運動することを制限する必要性があります。
スポーツ障害は個々の体の使い方の癖やトレーニング内容が問題となります。また、その患部の痛みと連動している部位の問題など、患者さまと対話をしながら問題点を一つ一つ対応していかなければなりません。

スポーツ外傷

▲ページのトップへ

リハビリテーション

整形外科の疾患では運動療法や筋力増強訓練はとても重要です。特に腰痛や膝関節痛、五十肩などでは痛みなどの病気を治すためにも、病気が治った後の再発防止のためにも、早くスポーツや社会に復帰するためにも大切です。痛みのあるときでも痛くないように、痛みのあるところに負担がかからないように、各疾患ごとに丁寧に指導しています。
腰や背中に痛みを訴える人にも、筋肉を鍛えて自分の筋肉による「筋肉コルセット」を作るように勧めています。
温熱療法は温泉の泥に源を発した湿った温熱方法で、リラックスできて痛みを和らげたり、筋肉をほぐしたり、血流を改善したりして効果的です。
半導体低出力レーザー治療は痛みを和らげたり、筋のこわばりをほぐしたりするのに効果的なことがあります。当てたところの細胞のミトコンドリアが増えるとの説もあります。

痛風、感染などの関節炎

▲ページのトップへ